VCD

昨日、台湾のヤフオクで最近のVCDがないかチェックしてたら、もう「ごくせん2」 が出てた。
他にも「救命病棟24時」とか「不機嫌なジーン」など、盛り沢山。
これは夜市に行かねば!と、家に戻ってモモエの散歩がてらにいつものVCD屋台のオヤジに会いに行った。
オヤジとはもう顔見知りなので、行ったらすぐに新作を渡された。
その中に「ごくせん2」があったので、早速ゲット。
他に2本あったけど、良く判らなかった。
ウチの総経理が竹内結子のファンなので、「不機嫌なジーン」のリクエストを貰ってたので、聞いてみると来週に入荷するそうな。

しかし最近は、日本で最新ドラマが終わったかと思ったら、すぐにこっちで売られてるのがスゴイ。

で、家に帰って早速見始めてしまった。
こちらのVCDは非常に困ったモノで、容量74分ギリギリまでドラマを入れてるので、1話が終わって2話目の途中でブチッと切れるのだ。
これでは次のVCDをセットしないわけにはいかないのだ。気になってしょうがないシステムだ。
なので、区切りが付かずに延々とVCDを見続けるという状態で、寝不足になる駐在員が続出するのだ。

しかし昨日は何とか区切れそうな所で、無理やり終わらせ寝た。

が、今日もやっぱり見始めたら、終われなくなり、貴重な午後の時間を「ごくせん2」に奪われてしまった。

でも毎回泣けてくるからよしとしよう。

そしてVCDのラベルを見たらなんと「このVCDは日本国外における一般家庭での私的視聴に限って販売を行っています~略 日本国内で販売やレンタルを禁ずる~略」などという文章が書かれたいた。
これはこっちで売ってる日本の音楽CDにも同じような事が書かれてる。
もしかしたら、このVCDも一応正規な手続きを踏んで売られてるのかな?

まあ、去年の一斉撤去から数ヶ月で元に戻ったから、懲りてないなあと思ったけど、もしかしたらちゃんとしたのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です