PuTTYを使ってSSHダイナミック転送でSOCKS プロキシを使う。

WindowsでSSHのダイナミック転送を使う場合の手順です。

まずPuTTYを起動して
SSH1
・ホスト名のところに、接続するSSHサーバーのアドレスを入力。
・ポートは「22」に、接続タイプは「SSH」なってると思うので、それはそのまま。
・セッション一覧に自分の分り易い名前を入力する。

SSH2  
次に「トンネル」という所をクリックして、そこの設定をします。
・源ポートに「1080」と入力。
・ダイナミックをクリックしたのち「追加」ボタンを押す。
・フォワードするポート一覧に「D1080」と表示されればOK。

で、この画面の上の画面にあった「保存」ボタンを押すと、セッションが保存されます。

設定が終わったら「開く」ボタンを押して接続を開始。

一番最初に接続する時は、
SSH3
何やら聞いてきますが、「はい(Y)」を押して続けます。

ターミナル画面が出るので、ユーザー名とパスワードを入力して接続を行います。

無事接続したら、今度はブラウザの設定。

【Firefoxの場合】
SSH5

「ツール」-「オプション」から詳細を開いて、ネットワークタブを開いて「接続設定」をクリック。

SSH4
「手動でプロキシを設定する」にチェックを入れて、SOCKSホストのところに「127.0.0.1」ポートに「1080」を入力する。

これでSSHトンネルを使って接続する事ができます。

前の記事で書いたabout:configの「network.proxy.socks_remote_dns」は、設定してもしなくても接続は出来ましたので、関係無いかも。

後は、使用する環境によってFoxyProxyなどを使って、切換えたりするとより良いかもしれません。

IEは多分同じだと思いますので、ググッて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です