自転車のブレーキ交換

自転車のブレーキ交換。

自転車の部品の中でもブレーキは非常に重要な部品です。
なんせ、ちゃんと止まってくれないと大事故に繋がりかねないですから。

という事で、ブレーキ交換。
買ったときに付いてたブレーキは、シューパッドの位置がどうにも上手くリムに当たらなくて、何処も片辺り状態だったのです。
なので、制動距離も長いし、とっさの時にはやっぱり危ない。

一度、それなりのスピードで走ってるときに、いきなり脇から電動チャリのオッサンが飛び出してきてかなり焦った事があったのですが、その時にこのブレーキの甘さがすごく怖かったのです。

やっぱりブレーキはちゃんとしたものを買いたい!と思いながら、いつものようにタオバオを徘徊。

2011-12-19_10-19-46_51

そこで値段も手ごろで、ちゃんとしたメーカーのモノを発見。

2011-12-19_10-20-07_508

イタリアのカンパニョーロ(CAMPAGNOLO)という所のミラージュをチョイス。
カンパといえば、日本のシマノかこのカンパというくらい有名なメーカー。

そのどうやらエントリーモデルっぽいです。

2011-12-20_18-54-02_473 

で、交換です。
最近雨が多かったので、非常に汚い車体でスイマセン。
これが元々付いてたブレーキ。
まあ、普通ですよね。

 2011-12-20_19-50-05_24

これが交換した状態。
ブレーキ単体でも重さが結構違ってましたので、チョッと軽量化に成功??

シューパッドの位置を調整しましたが、何かやっぱりいまいち。

って事は、このフレーム自体に問題ありなのか??

ところで、このブレーキを交換するもう一つのキッカケに、ブレーキの戻りが悪いというのがあったんです。
で、今回ブレーキを交換して、同じようにブレーキを掛けて離してみると、やっぱり戻りが悪いんです。

何なんだろう??って思いながら見てたら、どうやらブレーキワイヤーを覆うチューブに問題があったようです。
元々付いていたチューブの太さと、前回交換したオレンジのチューブの太さが同じなので、何のためらいもなくそっちを使ってたんですが、それがどうも細すぎたようで、ワイヤーの動きが鈍くなってたようです。

それにようやく気づいて、一回り太いチューブに交換したら、全く問題なし。

最初っからこれに気づいていれば、ブレーキも交換しなくてすんだのかも...

まあ、見た目もいいし、初めてメーカーモノの部品を買ったのでいいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です