Linux Mint12のskypeでUSBフォンを使用する。

Linux Mint12をメインOSにして仕事で使い始めていますが、今のところ問題なしです。

問題なしというのも、仕事で使うオフィス系のアプリの殆どはVmware Player上のXPで使っているから。
やっぱりLibre Officeで開くとレイアウトが崩れたり、計算式が抜けたりと不都合が生じるからです。

この辺は他の方はどのようにしてるんでしょうかね?

で、本題のSkypeですが、Mintにしてから実は殆どSkypeで通話をしたことがなかったのですが、先日たまたま掛かってきたので取ってみたら、接続してるUSB電話器で全然音が聞こえない。しかもマイクもダメ。

色々探してみたら、やっぱり解決策がありました。

こういう問題を自力で解決出来る人ってホントにすごいですね。

Ubuntuでサウンドデバイスをアプリケーション毎に設定

コチラのサイトを参考にさせて頂きました。

まずは、「pavucontrol」というのをインストールする。

sudo apt-get install pavucontrol

そして、これを起動させた状態で、Skypeを起動する。
音声テストサービスに掛けた状態にすると、出力するデバイスを選べるようになるので、使いたいUSB電話器を選ぶ。
スピーカーは「再生」で、マイクは「録音」で設定する事でオッケーです。

 image

image

これの設定が終わってSkypeを再起動すると、設定が反映されて以降USB電話器で通話が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です