やっぱり使いにくい光モデム

一昨日から使い始めた光回線ですが、中国国内のサイトを見たりする分には、多少の快適さがアップしていますが、日本へは殆ど変わらず。
しかも先週末はco.jpドメインが突如規制対象になり、ヤフーとか見れなくなってしまってましたから。

そして今日になって、 やっぱりネットに同時接続できる数が4台だって事が判明。
ウチには今、
Ubuntu 1台
iMac 1台
アンドロイド端末 4台
iPad2 1台
Vmware Player上のWinXP 2台
があるんです。
VmwareはNAT接続しておけばいいのか?良く判りませんが。

それらが常に繋がってる訳ではないのですが、UbuntuとiMacは大体常時接続。
で、One xとXperia arc sも ほぼ常時。
今日帰宅すると、妻のXperiaでVPNが繋がらない っていうので、色々見てて最初は判らなかったんですが、DROID2 GLOBALを接続しようとして失敗した時に、ようやく理解できたんです。

これは困ったと思い、とりあえず光モデムのDHCPサーバーのタイミングを1分にして、何とか接続できた。
でも、それじゃあ繋ぎたい時に繋げない事が多々ありそうなので、やっぱりハックするしかないようです。

時間のある週末まで待とうと思うんで、その前にここで覚書を。

今回の光モデムはZTEのZXHN F420というモデル。

すでにハッキング報告が上がってますので、それを元に。
まずtelnetで192.168.1.1でアクセスする。
IDもパスもrootでオッケー。
ログインしたら
cd /tmp
で、tmpディレクトリに移動。
次にコマンド
cp db_backup_cfg.xml /home/httpd
を実行。
ブラウザで
http://192.168.1.1/db_backup_cfg.xml
を開くと沢山文字列が出てくるので、「telecomadmin 」と検索をする。
usernameが「telecomadmin」となってて、passwordが「telecomadminXXXX」と後ろに数字が書かれている。
これが、モデムにログインするときのIDとパスです。
それと、ブリッジモードにする時に必要なPPPoE接続のIDとパスは「UserName」で検索してadから始まる所を探すと、IDとパスが書かれてます。

で、ブラウザで
192.168.1.1
を開いて、先ほどのtelecomadminのIDでログイン。
网络タブの宽带設置で连接名称から「1_TR069_VOIP_R_VID_」を選んで、それを削除する。
これがあると、中国電信からこのモデムをリモート操作 されるようです。
勝手にパスワードが書き換えられるみたいです。

ブリッジモードにするには、同じく连接名称から「3_INTERNET_R_VID_」を削除。
次に新しい接続を作成する。
模式って所に 「桥接模式」を選んで、
DHCPもバッファロー側でやるつもりなので、DHCPのチェックも外す。
次は「INTERNET」
VLAN模式は「UNTAG」
これで作成すればいいみたい。

あとは、バッファローのルーターのWAN側と光モデムのLANに接続して、バッファロー側でPPPoEの接続を設定すれば多分いけるはず。

「やっぱり使いにくい光モデム」への6件のフィードバック

  1. 私の家でも上記のF420を使っていますが、鍵のかかった弱電房という中に設置してあるので部屋には有線一本しかきていません。。
    そこでDIR-605というルーターを買ってきてつなげたのですが、どうもしばらくするとつながらなくなります。(ルーターが壊れているのかもしれませんが・・)
    私もF420をブリッジ接続にしたいのですが、telnetでアクセスしても「接続に失敗しました」となってしまいます。。困っています。

  2. こんにちは。
    申し訳有りませんが、チョット情報が少なくて何と回答していいやら判りません。
    今現在はどのような構成になっているんでしょうか?
    DIR-605というルーターは、アクセスポイントとして使ってるんですか?
    恐らくルーターとしては使えないと思うのですが。

    例えば、普通にブラウザで「192.168.1.1」とやると管理画面が出たと思うのですが、それすら出ないのですか?

    もう少し情報があれば、何かしらお答えできるかと思います。

  3. fukabeeさま
    ありがとうございます。
    構成はFX420DIR-605デスクトップやらスマホ(無線)やらノートPC
    です。

    状況としてはDIR-605を単に分岐+無線LAN用として使っていますが、設定するとインターネットにつながり、ブラウザで192.168.1.1と打つと設定画面が見れます。
    しかし一日くらい経つとインターネットにつながらなくなり、ブラウザで192.168.1.1と打ってもつながらなくなります。このときDIR-605を設定しなおすとまたつながります

    ちゃんとつながっている時に192.168.1.1にtelnetを打っても「ホストに接続できませんでした ポート番号23:接続に失敗しました」となります。

    私は中国語が読めないのですが、インターネットで検索するとtelnetがつながらないみたいな記事らしきものが存在するので、ひょっとして対策されたのか?とも思っています・・。

  4. こんにちは。
    遅くなりましてスイマセン。

    例えば、FX420に直接PCを接続した状態で、ブラウザ上で192.168.0.1とやってみてはどうでしょうか?
    DIR-605の設定ですが、DHCPはオフになってるでしょうか?
    もしもDHCPがオフになっていない場合、192.168.0.1とした場合に、FX420ではなく、DIR-605に接続しようとしているとか?
    192.168.0.1で接続される設定画面は、間違いなくFX420の設定画面でしょうか?

  5. つながらないと言う事象は何故か解決しました。しかしtelnetは相変わらず通りません。
    ブラウザ上で192.168.1.1と打つとちゃんと中国電信と書かれたのFX420の設定ページが見れます。
    ちなみにブラウザ上で192.168.0.1と打つとDIR-605の設定ページが見れます。
    現在DIR-605はDHCPでFX420から192.168.1.3というIPを取っています。。

  6. こんにちは。
    私もあまり詳しい方ではないので、これ以上はお答えできないのですが、中国のサイトを見てたらtelnetのコマンドで
    192.168.1.1:23
    という風にポートの指定をしたやり方が載っていましたので、これでやってみてはどうでしょうか?
    ちなみに参考にしたサイトは
    http://nctoro.com/?post=48
    です。
    他にも、
    http://blog.sina.com.cn/s/blog_3cafb0a80101bsml.html
    こちらも、私がやって方法ではない方法でハックしてるようですので、参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です