中国電信の光モデム兼ルーターをブリッジモードにする方法。

この前のエントリでほぼ間違いなのですが、図解入りで説明しますと。

 

この設定を削除。

その後新しく設定を追加。

模式って所に 「桥接模式」を選んで、
DHCPのチェックも外す。
次は「INTERNET」
VLAN模式は「UNTAG」

これを設定したら作成を押す。

後はバッファローのルーターのWANポートと光モデムのLANポートを接続して、バッファローをルーターモードに変更して、管理画面に入る。
PPPoE接続を設定して、無事繋がればオッケー。

やっぱり使いにくい光モデム

一昨日から使い始めた光回線ですが、中国国内のサイトを見たりする分には、多少の快適さがアップしていますが、日本へは殆ど変わらず。
しかも先週末はco.jpドメインが突如規制対象になり、ヤフーとか見れなくなってしまってましたから。

そして今日になって、 やっぱりネットに同時接続できる数が4台だって事が判明。
ウチには今、
Ubuntu 1台
iMac 1台
アンドロイド端末 4台
iPad2 1台
Vmware Player上のWinXP 2台
があるんです。
VmwareはNAT接続しておけばいいのか?良く判りませんが。

それらが常に繋がってる訳ではないのですが、UbuntuとiMacは大体常時接続。
で、One xとXperia arc sも ほぼ常時。
今日帰宅すると、妻のXperiaでVPNが繋がらない っていうので、色々見てて最初は判らなかったんですが、DROID2 GLOBALを接続しようとして失敗した時に、ようやく理解できたんです。

これは困ったと思い、とりあえず光モデムのDHCPサーバーのタイミングを1分にして、何とか接続できた。
でも、それじゃあ繋ぎたい時に繋げない事が多々ありそうなので、やっぱりハックするしかないようです。

時間のある週末まで待とうと思うんで、その前にここで覚書を。

今回の光モデムはZTEのZXHN F420というモデル。

すでにハッキング報告が上がってますので、それを元に。
まずtelnetで192.168.1.1でアクセスする。
IDもパスもrootでオッケー。
ログインしたら
cd /tmp
で、tmpディレクトリに移動。
次にコマンド
cp db_backup_cfg.xml /home/httpd
を実行。
ブラウザで
http://192.168.1.1/db_backup_cfg.xml
を開くと沢山文字列が出てくるので、「telecomadmin 」と検索をする。
usernameが「telecomadmin」となってて、passwordが「telecomadminXXXX」と後ろに数字が書かれている。
これが、モデムにログインするときのIDとパスです。
それと、ブリッジモードにする時に必要なPPPoE接続のIDとパスは「UserName」で検索してadから始まる所を探すと、IDとパスが書かれてます。

で、ブラウザで
192.168.1.1
を開いて、先ほどのtelecomadminのIDでログイン。
网络タブの宽带設置で连接名称から「1_TR069_VOIP_R_VID_」を選んで、それを削除する。
これがあると、中国電信からこのモデムをリモート操作 されるようです。
勝手にパスワードが書き換えられるみたいです。

ブリッジモードにするには、同じく连接名称から「3_INTERNET_R_VID_」を削除。
次に新しい接続を作成する。
模式って所に 「桥接模式」を選んで、
DHCPもバッファロー側でやるつもりなので、DHCPのチェックも外す。
次は「INTERNET」
VLAN模式は「UNTAG」
これで作成すればいいみたい。

あとは、バッファローのルーターのWAN側と光モデムのLANに接続して、バッファロー側でPPPoEの接続を設定すれば多分いけるはず。

ウチのネットを光ケーブルに。

昨日、電話会社のニイチャンが来て、ADSLから光ケーブルへ変更しました。
家の中の電話回線がある中継ボックスみたいな所へ光ファイバーケーブルを引っ張って来て、そこにモデムを設置。
ニイチャンが当たり前の顔して「ノートパソコンあるか?」っていうので「無い」って素っ気なく言ってやった。
で、ニイチャンはしょうがないと思いながら、テレビに繋がってるPCを操作し始めるんだけど、ubuntu&日本語なんでさっぱり判らない。
だけどそこは中国人。
画面の色んな所をクリックしまくり、関係ない画面を出しまくる。
後ろに私が居るんだから聞けばいいのに全然聞かず。
結局私が何をしたいの?って聞いて、やっと答える。
やりたかったのは、ブラウザ開いてモデムに接続したかったようです。
で、ニイチャンがモデムに接続してゴニョゴニョすると、無事にネット接続完了。
これでいいよっていうので、こちらとしてはIPアドレスを変更したり、NASを静的IPにしたかったので、モデムのIDとパスワードを聞いたら知らないと答える。
はぁ??と思い、そんなんじゃ困るんだよって、すごく長い時間文句を言ったんだけど、結局ダメ。
しょうがないのでそのまま使う事に。

しかし夕方になって突然繋がらなくなり、モデムを見ると「光信号」って所が赤く点滅。
朝のニイチャンに電話したら明日来るっていうので、その日はネット使えず。
で、今日の8時半くらいに来てくれて修理。
どうも、下の集中回線の所のコネクタが異常だったみたい。
で、直ったんでネットをしてると、暫くしてまたダメ。
すぐに電話して、ニイチャン再登場。
またコネクタの所を何かして復帰。
こんなんじゃ困るよなあ。

で。
今までは、バッファローのルーターを使っていて、そこからIPアドレス設定したり、PPTP接続設定してたりしてたんで、どうしても使いたかったんです。
このルーターをブリッジモードにすると、DHCPサーバーもPPTPサーバーも使用出来ない。
何とか方法を見つけようと百度で検索。
すると、何とも呆気なく見つかった。
しかも、このルーターは一度に4台までしか接続出来ないって事も判明。
これはウチにとっては問題です。

調べた結果、管理者画面で、PPPoE接続を削除して、新たにブリッジモードを作成。
その後、バッファローのルーターでPPPoE接続を作成すればいいみたい。

ただ、イマイチ中国語が判らない部分もあるので、うかつにやってドツボにハマるのは避けたいんで、暫くそのままに。

image

トランシーバーを購入。

image

小さなお子さまの居る日本人の方達の間では、結構使われてるそうです。
マンション内で子供を遊ばせている場合でも、これを持たせておけばいつでも連絡が取れるので、結構便利らしい。
携帯を持たせるのはどうかと思うので、こういうのはいいですね。

そういう情報を妻が知って、早速ウチらもゲットしました。
例のごとくタオバオ(淘宝)で。
モトローラのT3ってモデルです。
こういうのを今まで買ったことが無かったので知りませんでしたが、日本で買うと高いんですね。
安くて9,800円とかなんですね。

今回買ったのは2つで199元。2,500円程度。

image

ただ、日本の規制に引っ掛かったりするみたいなので、多分こっちでしか使えないんでしょう。
それにしても安い。
本日到着して、早速テスト。
周波数が何種類か選べるのですが、とりあえず最初に設定されてた1番でやってみると、速攻混線。
結構使ってる人多いんですね。
なので、周波数を変更して混線してないヤツを選んで、今度は部屋から出て外でテスト。
住んでる所から、一番離れた場所でテストしてみましたが、バッチリ。
大体直線距離で500 mくらいでしょうか?
これくらい飛んでくれれば問題なしです。
娘は喜んでて、これを親友の子にも買ってもらいたがってました。

そうすれば、いつでも遊ぶ約束出来るからだそうです。

去るモノ

月曜日は会社の忘年会でした。
忘年会なので、多少は飲んでもいいかなと、日本酒を飲んだのですが、社員に結構飲まされて結局泥酔。
ヘベレケになりながらタクシーに乗って帰ったんですが、どうもタクシーの中にキーケースを落とした模様。
酔ってたのでレシートも貰ってなかったので、追跡できず。
忘年会した店にも電話したけど、やっぱりナシ。

キーケースには会社の鍵、USBメモリ、交通カード、銀行のトークンがあったので、結構ショックです。

やっぱり酒は飲んでも飲まれるなって事ですね。

ネットが不通になった。

一昨日の夕方から家のネットが不通になりました。
料金未納かと思い、今月分の料金を支払ってみたものの以前変わらず。
翌日、事務所の女の子に中国電信へ電話してもらい状況を確認すると、どうやらその辺一帯で障害が起きてるそうで、それの復旧を行ってるので、午後には開通するとの事。

だけど午後になっても繋がらないと妻からSMSが入り、再度確認してみるとまだ復旧してない&見通しが立たないとの事。

ただ、隣の棟や、近くのマンションに住んでる人に聞いても問題ないと言うので、不動産屋さんに電話してみた。

そしたら何と!

ただウチのネットの契約が1年契約だったらしく、その契約が終わっただけだと。
確かに11月でちょうど1年だし、辻褄も合う。
しかし、自動更新とかしてくれないのかな?この国のシステムは。

まあ、とにかく不動産屋さんが更新手続きをしてくれるというので、お願いした。
電話して30分ほどでネットは復旧。

分かってれば簡単な事だったけど、中国電信の適当な回答は何だったんでしょうか?

こういう適当な対応がイラッとするんですよね。

PuTTYを使ってSSHダイナミック転送でSOCKS プロキシを使う。

WindowsでSSHのダイナミック転送を使う場合の手順です。

まずPuTTYを起動して
SSH1
・ホスト名のところに、接続するSSHサーバーのアドレスを入力。
・ポートは「22」に、接続タイプは「SSH」なってると思うので、それはそのまま。
・セッション一覧に自分の分り易い名前を入力する。

SSH2  
次に「トンネル」という所をクリックして、そこの設定をします。
・源ポートに「1080」と入力。
・ダイナミックをクリックしたのち「追加」ボタンを押す。
・フォワードするポート一覧に「D1080」と表示されればOK。

で、この画面の上の画面にあった「保存」ボタンを押すと、セッションが保存されます。

設定が終わったら「開く」ボタンを押して接続を開始。

一番最初に接続する時は、
SSH3
何やら聞いてきますが、「はい(Y)」を押して続けます。

ターミナル画面が出るので、ユーザー名とパスワードを入力して接続を行います。

無事接続したら、今度はブラウザの設定。

【Firefoxの場合】
SSH5

「ツール」-「オプション」から詳細を開いて、ネットワークタブを開いて「接続設定」をクリック。

SSH4
「手動でプロキシを設定する」にチェックを入れて、SOCKSホストのところに「127.0.0.1」ポートに「1080」を入力する。

これでSSHトンネルを使って接続する事ができます。

前の記事で書いたabout:configの「network.proxy.socks_remote_dns」は、設定してもしなくても接続は出来ましたので、関係無いかも。

後は、使用する環境によってFoxyProxyなどを使って、切換えたりするとより良いかもしれません。

IEは多分同じだと思いますので、ググッて見てください。

何とかしてFacebookに接続したいので

VPN接続で今までfacebookを見てるんですが、見れる時と見れない時があったりして、不安定。
それにVPN接続してると、中国国内のサイトまでがVPNを通ってしまうので、それも遅くなったりして嫌。

という事で、他の方法を探していたらSSHのダイナミック転送を使う方法を発見。
このダイナミック転送を使えば、プロキシサーバーを使った接続のように出来るので、簡単にGFW超えが出来るそうな。
自分の覚書も含め書いておきます。

まずは、SSH接続できるサービスとかを探す。
私はたまたま借りてるサーバーが、SSH接続を許可していたので、テストとして接続してみた。

ブラウザはFirefoxを使い、about:configで設定変更をする。
変更する場所は、
network.proxy.socks_remote_dns
で、これをクリックしてtrueにする。

ターミナルで、
ssh -D 127.0.0.1:1080 接続先のアドレス  -l ユーザー名
として接続する。

Proxy設定は、FoxyProxyというアドオンを利用。
これは標準のプロキシのように例外サイトを書くんじゃなくて、プロキシを通すサイトを記述するので、必要なサイトだけ(例えば、こっちで見れないfacebookだったり、アメブロだったり)書けばいいので、これで余計な負担がそっちにかからなくていいと思います。

プロキシの詳細設定は、SOCKSプロキシ(SOCKS v5)を使い、IPは127.0.0.1にしてポートは1080。

これでやってみましたが、無事にfacebookに接続できました。

今週実家へ帰るので、実家にSSHサーバー立ててみようと思ってます。

H2Oスチームモップを購入しました。

かねてから欲しい欲しいと思っていた、スチームモップ。

我が家は犬が4匹いるので、床がすぐに汚れてしまうのです。
毎週のように床を雑巾がけしているんですが、上海の空気の汚さも相まって本当に汚れているんです。

日本のテレビショッピングを見た時から気になってて、一度会社の同僚が買ったのを使わせてもらったんですが、その時はあまり効果を感じなくて買わなかったんですが、やっぱり気になってまして。

そこで、毎度のようにタオバオを検索するとありました、スチームモップ。
しかも安い。

日本じゃ2万円近くするのが、こちらではたったの195元。日本円で2,500円程度。

まあ、これもどんなカラクリがあるか分からないのが中国なので、ダメもとで買ってみました。

届いたモノはタオバオの写真通り。
パッケージは全て英語で、まあ英語圏に輸出するものを横流ししてるんでしょうかね??

ということで、早速使ってみました。

image

スイッチを入れて暫くすると、シューって音と共に蒸気が出てきました。

で、床を拭いてみると、確かに隣とハッキリ判るくらいに色が違っていました。
モップを掛けた後を素足で歩いてみると、サラサラした感触です。

これはいい!って感じです。

 

ただ、使い方がイマイチなのか、コツがいるのか、時々蒸気が出すぎ?なのか拭いた後がベタベタになることがあります。
床を足で触ってもあまり熱くないので、蒸気にならずに水が出ている感じでした。

そういう時はスイッチを切って、暫くしてからやると上手くいったりします。

この辺が中華クオリティなのかも。

でもまあ、かなり便利だし、ウチにはもってこいの商品。

中々いい買い物をしました。