UbuntuにPicasa3.8をインストール。

やっぱりUbuntu11.10は気に入らなかったので、ElementeryOSに戻しました。
クリーンインストールになってしまったので、色々再構築。

その中で写真管理ソフトをiMacでも使ってるPicasaにする事に。

Picasa自体はUbuntuでもソフトウェアセンターからインストール出来るのですが、バージョンが3.0bのままで止まってて、あまりよろしくない。
なので、Windows版の3.8を上書きする方法を取りました。
手順などはネットで色々出まわっていたので、簡単に出来ました。
分り易いサイトはコチラです。(英語)

http://www.webupd8.org/2010/04/how-to-install-picasa-36-in-ubuntu.html

ただ、私の覚書という事で、手順を書いておきます。

まずはWineのインストール
Ubuntuのバージョンが10.10なので、ソフトウェアセンターからインストール。

次にGoogleのTesting PPAを追加

sudo sh -c "echo 'deb http://dl.google.com/linux/deb/ testing non-free' >> /etc/apt/sources.list"
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 7FAC5991

 

で、Picasaをインストール

sudo apt-get update && sudo apt-get install picasa

 

次にWindows版のPicasa3.8をダウンロードしておく。

保存場所は適当に。

保存したらアクセス権を付加して

chmod +x picasa38-setup.exe

 

で、Wine Windows Program Loaderで実行してpicasa3.8をインストールする。

インストールが終わったら、そのファイルをPicasa3.0の方へ上書きコピーする。

sudo cp -r ~/.wine/drive_c/Program\ Files/Google/Picasa3/* /opt/google/picasa/3.0/wine/drive_c/Program\ Files/Google/Picasa3/

 

これでOK。

後はフォントがおかしくなるので、【アプリケーション】>【グラフィックス】>【Picasa】>【Picasa Font Settings】を開いて、その中のFontLinkingタブで、フォントを追加。

Takaoゴシックでいいみたい。

それで再度起動してみると、無事に日本語が表示される。

これで、NASへ移動した画像ファイルがiMacと同じ状態で見れるようになりました。

Ubuntu11.10インストール後にした事

ubuntu11.10がなんだか良さげという記事を見たので、ウチのマシンをelementery OSからubuntu11.10に変更。

新規インストールでやったのですが、色々トラブル発生。
その対処方法を覚書。

・HDMIで音声が出力されない
ウチのPCのグラフィックボードradeon HD 4200は普通にインストールして、音声出力をHDMIに変更しても音声が出ませんでした。
なので、「ATIバイナリX.Orgドライバーを」インストール。
再起動させると、音声は出るが画面がモニタ枠の一回り小さい感じでしか表示されず。
なので今度は「Catalyst Control Center(管理者モード)」っていうのを起動して、「ディスプレイマネージャー」の「DTV」の「調整」タブにある「スケーリングオプション」を0%にする。
これでパネルの枠一杯に表示される。

・ネットワーク上のNASのマウント
通常インストールでは、smbfsがインストールされてないので、これをインストール。
sudo apt-get install smbfs
その後、fstabにマウントする記述を書いて、
sudo mount -a
で、マウントされることを確認。

一応、これで何となく使えますが、マウントしたNASのシンボリックリンクが作成出来ないので、これも不便。
ネットで調べて、対策方法をやってみたものの、未だ解決できず。

そして、最新にしたけど、動作はイマイチでモッサリ気味。
Unityが原因だそうで、Unity2Dにしたら結構まともな速度になりました。

ただ、もう暫く頑張ってみますが、今はOSを元に戻す気が90%以上です。

NASのシンボリックリンクが使えないのと、OS自体の使い勝手は悪いのが原因ですかね。

システム設定は、もろMacのOSXに影響されたようなデザインに変わったんですが、今まで簡単に出来ていたスクリーンセイバーや自動起動のアプリの設定が見当たりません。

だったら、今まで通りElementeryOSの方がよっぽど使いやすいです。

Ubuntu11.04のWebmin1.550でログイン出来ない時

思うところがあって、会社で使ってないPCにUbuntu11.04をインストール、Webサーバーを使いたくLAMPインストール後、Webminで管理しようとインストール後にログインしようとするとログイン出来ず。

今まで散々インストールしたけど、こんなの初めて。
ネットで調べたら、パスワードを設定するとログインできるそうな。
Ubuntu側なのかWebmin側なのか判りませんが、お困りの方が居ましたら参考にどうぞ。

端末を起動させて、下記のコマンドを実行。
最後のrootのパスワードはご自分の環境に合わせて。

sudo /usr/share/webmin/changepass.pl /etc/webmin root xxxxxxxx

これでログイン出来ました。

ubuntu11.04でiMacの外付けHDDを起動時にマウントする。

iMacがリビングから無くなってしまい、リビングで音楽を聞きたくても、外付けHDDもそっちへ行ってしまったので、ubuntuからでも外付けHDDにある音楽を聞けるように、起動時にマウントさせた。

fstabに下記の記述を追加。
//(iMacのアドレス)/(ディレクトリ) /(マウントするディレクトリ) cifs username=(ユーザー名),password=(パスワード),iocharset=utf8,rw,uid=(ユーザー名),gid=(ユーザー名) defaults 0 0

最近はsmbfsではなくcifsでないとダメみたいです。

Ubuntu11.04beta2をインストールしてみた。

リビングのUbuntuマシンだが、マザーボードを交換してから調子が悪く、ブラウザで動画などを見てるとすぐにクラッシュしてしまう。
はじめはFirefoxの問題かと思い、ChromeやOperaをインストールしてみたものの、ことごとくクラッシュ。
ネットで調べても解決策のようなものは見つからず。何となくAMD780Gが悪いっぽい記事も見かけましたが、それが本当かどうかは判らず。

なので、そのまま使い続けていた。

しかし、いい加減何度もクラッシュするので頭に来て、11.04beta2 AMD64をインストールしてみた。
もしかしたら治るかも?という期待を含めて。

しかし、インストールする際も何度もインストーラーがクラッシュ。
もしかしたらハード自体がおかしいのか?と思いながら、HDDのsataコネクタを挿しなおしてインストールしてみると、すんなり出来た。

もしかしたら、このsataケーブルがだめなのか?と思いながらも、11.04を起動。
無事に起動出来てあれこれやってみたら、やっぱりFirefoxがクラッシュ。

やっぱりハードが悪いのか...良く解らん

UbuntuのBloGTKを試してみる。

以前からUbuntuのブログエディタを探してはガッカリの連続だったのですが、今回見つけたこれはそれなりに使えそうです。

BloTKというモノです。
テキストのみなので、凝ったブログを書く事はできませんが、カテゴリも選択できるし、タグも書ける。

まあ、それでもwindowsのLive Writerに比べたら全然ダメなんですけど、最近家でwindows立ちあげるのがメンドクサクて...

インストールはaptでやるとダメらしいので、ココを参照してください。

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=69149

ubuntu10.10でSkypeを起動したらwebcamが認識せず。

液晶テレビに繋げてるPCをubuntu10.04から10.10に上げました。
10.04の時もSkypeでwebcamが認識しなかったのですが、何か適当にやってるうちに認識されるようになったのですが、10.10では再インストールとかしても全くダメ。
どうしていいか判らず、ネットで調べるとどうやらGStreamerによる問題らしいことが判りました。
判ったからといって、私がどうにかできるわけではないので、更に調べてこれを回避できる起動方法がありました。

ターミナルで、
LD_PRELOAD=/usr/lib/libv4l/v4l1compat.so skype
と打つと、webcamが認識できるようになりました。

後は適当なファイルを作成して、その中に
#!/bin/sh
export LD_PRELOAD=/usr/lib/libv4l/v4l1compat.so
skype &
と書いて、実行可能なファイルにすることで、このファイルをWクリックすることで起動できるようです。
元ネタはコチラです。