何故か

Bluetooth経由でActiveSyncしてますが、時々PC側でSyncしようとすると、突然PCが落ちる。
回数が多くないので、今のところ困ってはないけど、原因は何なんでしょうか?

Bluetoothヘッドセット

Dopod818は、PDAにしてみればかなり小さい部類に入る。 というか、世界最小という宣伝文句なので、多分世界最小なんでしょう。 しかし、ケータイとして考えると、これを持って電話をするのはイマイチなのだ。 重量も重くは無いけど、軽くも無い。 なので買った当初は、付属の有線イヤホン&マイクを使って電話してた。 でも有線はカッコ悪い。 stapa_HBH300.jpg というわけで、ソニエリのBluetoothヘッドセット「HBH-300」を購入してみた。 何でこれかというと、カッコイイから。 他から出てるヘッドセットは、どうもイマイチデザインが気に入らない。 だからといって、これがスゴクいいかというと、そうでもない。 でも数ある中で、これがカッコイイと思ったので、これを購入。 そして早速ペアリング。 取説通りにやってみるが、うまくいかず。 で、裏に書いてあるやり方で難なくペアリングオッケー。 使用してみたが、音質も問題なし。普通に聞こえる。 しかし! イヤホン部分と、私の耳とのペアリングがうまくいかず、耳の穴にぴったりとはまらないのだ。少し上のほうにイヤホン部分がくる。 なので、外でバイクなどガンガン走ってる場所などでは、チョット聞こえづらいです。 でもまあ、とりあえずは満足の買い物です。

Bluetoothドングル

昨日PLANEXのBluetoothドングル「BT-02UD2」を買った。
もちろんDopod818をBluetoothでシンクさせる為に。
付属CDもあったけど、日本語じゃないだろうと決め付けたのが、そもそもの間違いだった。
とりあえずPLANEXのサイトからドライバーをダウンロード。
こちらでドングルを挿す前にドライバを入れるって事を読んでたので、最初にそのドライバーを入れる。
その後再起動してドングルを挿してみるが、何か動きがおかしい。
タスクアイコンのBTのマークが赤のまま(デバイスが動作してない状態)なのである。
何で!?あそこでは何にも問題なくインスト出来たって書いてあったのに...

と、PLANEXのサイトを調べてみると、やっぱりあった。XP SP2に関する問題が。
ドライバのインストールの時に、XPが勝手に自分とこのドライバを当てた為にデバイスが動作しなかったらしい。なんてやつだ。
そんで、対処方法のとおりにドライバの更新を行い、DLしたドライバを当てて事なきを得た。

しかし!しかし肝心のActiveSyncが出来ない。ドライバのインストールの時に「このPCにはActiveSyncおよびHotSyncがインストールされてない為~」とメッセージが出てたので、嫌な予感はしたものの、本当に出来ないなんて。
しかも、ドライバの件で、何回もインストールし直した結果、COMポートも35番とかっていう数字を割り当てられて、これも何か気持ち悪い。

そこでドライバを入れる前のシステムに復元。
で、その後正しい方法でドライバを入れる。
やっぱりダメだ。さっきのメッセージが出て、Syncできない。
でも不思議なことに、COMポートは接続できて、ファイルの転送は出来た。
という事は、やっぱりActiveSyncの設定が抜けてるだけなのか?

全くその辺は素人なので、思いつくままにテストしてみる。
システムの復元って、初めて使ったけど、凄く便利です。
ダメだったら、即効復元してもう一回インストールできるし。

そして、手元にあったCDを入れてみようと、CDからインストールしてみた。
結果、SP2に起きる問題が出てこない。ん?サイトにあるドライバの方が古いのか?
困ったもんだ。

でもまあオッケーになり、いよいよActiveSync!
やっぱりダメ。
で、ここで接続ウィザードを起動して、PDAのActiveSyncサービスが追加できる事を発見。
順番通りにやって、無事BluetoothでActiveSync完了。

こんな手間を掛けないとダメなのか?Bluetoothって。

betaplayerを入れてみたが...

いろんなブログでbetaplayerの記事を見たので、入れてみた。 で、WMVをサポートしてるって書いてあるのに、今入ってるファイルが開けない。 調べた結果、エンコードしたファイルのバージョンが古いらしい。 ココに詳しく書いてあります。 Dopod818に入ってるWindowsMediaPlayerのバージョンは10で、それが関係してどうも開けないらしい。 ちなみにその再生できないファイルのエンコードしたバージョンは「WMV1」ってバージョンです。 WindowsMovieメーカーで作ったファイルです。

キャプチャ

today.png キャプチャソフトを入れたので、Today画面をキャプチャしてみた。 とりあえずは、これで満足した。 昨日、台湾のPDAサイトでDopod818のカメラのパッチファイルが出たと書いてあったが、Xoopsのサイトなので、メンバー登録しないとDL出来ない。 一応メンバー登録したけど、メールが来ない。 他で無いかと探したけど、DL先が見つからないと出た。 i-mate jamのパッチなら落とせたけど、入れても変わったかどうか判らない。バージョンも何も変わらないし。

Dopod818のアプリその3

とりあえず気に入ったソフトが揃うまでは入れたり削除したりの繰り返し。
チョット動作が不安定になってきた。
落ち着いたら一度ハードリセット掛けて、再インストールしよう。
とりあえず電話帳以外にデータを保存してないので、楽チンかなと。
tAgenda
Today画面に予定と仕事を一覧で表示させるモノ。

後はキャプチャソフトがあると、ココに画面を添付できるんだよなあ...

Dopodに入れてみたアプリなど。

とりあえず色々なところでアプリが何が良いのか見て周り、自分なりにいいと思ったものをインスト。

tdLaunch
Today画面に表示させるアプリのラウンチャ。これによってイチイチスタートメニューを開かなくてもよくなりました。
UK Tenki
Today画面に天気表示をするもの。別に必要なさそうだけど、Today画面が寂しいので。
アイコンはこちらでダウンロード後に、ObjectDockのドックをちょいと細工して表示させてみました。
GSFinder+
みんな使ってるようなので、入れた。でもそんなに頻繁に使わなさそうな気がする。
TRE
レジストリエディタ。最初に日本語化する為に必需品。
KBattery
バッテリーの残量を表示するもの。デフォルトでは無い?ようなので、入れてみた。時間も表示するので、元々の時計表示の場所に表示させてある。
cabinstl
CABファイルで配布されてるアプリのインストール先を任意の場所に指定する事が出来るソフト。

Dopod818は64MBしかないので、出来るだけ外部メモリにアプリを入れたいのだ。
というわけで、何となく自分なりのDopodになってきたようだ。
何か久々にタグを手打ちしてるなあ...

Dopod818覚書。

とりあえず手に入れたDopod818。
これに日本語環境を導入する事に。
日本語環境とは、日本語のメール、ブラウズが表示、入力出来る事です。
OS自体が日本語になるという事ではありません。

まず最初に、Dopod818繁体字版では、デフォルトで日本語を扱うことが出来ます。
なので、日本語PocketPCで使われるwince.nlsを導入後、ソフトリセットして地域の設定を「日文(日本)」に設定すれば、とりあえず日本語環境になります。

次に日本語入力。
私が導入したのは、「ComPOBox乙」です。
導入後に一部表示がダブってしまいますが、これはレジストリの値をいじることで解決できると他のサイトで確認しました。
レジストリエディタで、

HKEY_CURRENT_USER_ControlPanelSipを開き
(”Control Panel”ではなく、”ControlPanel”)
MenuBarHeightが”1A”になっているのを”00″にする。

この後、再起動してPOBox乙を立ち上げると、問題なく表示します。

これで日本語表示&入力が可能になりました。

後は、日本語ActivesyncでDopod上のSDカードにアクセス出来ないので(中国語表示のフォルダ名なので)それをレジストリエディタで「SD_Card」に変更。
– [HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥¥StorageManager¥Profiles¥] の下の 「存储卡」 の文字列を 「SD_Card」に。